◆縮小絵巻物 〈重文 鶴図下絵和歌巻〉 書:本阿弥光悦筆 画:俵屋宗達筆◆
書:本阿弥光悦 画:俵屋宗達 桃山時代 京都国立博物館蔵

琳派の始祖・俵屋宗達と、「寛永の三筆」と称される本阿弥光悦による奇跡のコラボレーション作品『重要文化財 鶴図下絵和歌巻』(京都国立博物館蔵)。琳派誕生400年を記念し、絵巻物の縮小版をお作りしました!

原本では13メートルにおよぶ長さの中で、宗達が群鶴の飛び立って舞い、岸辺へもどって羽を休めるまでの長い飛翔を描いた下絵の上に、日本の優れた古典として知られる三十六歌仙の和歌が、光悦による太細を強調したダイナミックな書で書かれています。書籍や展覧会ではピックアップされた一場面しか見られないことが多いですが、この縮小絵巻では、普段なかなか見ることのできない巻頭から巻末までの一続き全てを、自分の手元で間近に眺めることができます。

また、古くからの瑞鳥としても知られる鶴が金銀泥を用いて描かれているため、祝賀や福のシーンにもぴったりで、大切な人への贈り物としても大変おすすめです。ご自分の好きな場面を繰り広げて、自宅のインテリアとして飾っておくのにも良いですね。
 

サイズ 紙幅11.0×長さ445.9cm
仕様 裂表紙巻子仕立
和英解説書入
化粧箱納
印刷方法 オフセット+金銀刷



書:本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)
永禄元~寛永14年(1558~1637)、京都生まれ。家業の刀剣の三事のほかにも多岐にわたる分野で偉大な作品をつくりあげた。特に能書では「寛永の三筆」と称される。晩年には鷹ヶ峯に光悦村といわれる芸術村を開き、様々な芸術作品を制作した。代表作は『重文 鶴図下絵和歌巻(俵屋宗達との合作)』『船橋蒔絵硯箱』。

画:俵屋宗達(たわらや そうたつ)

生没年不詳。桃山から江戸初期にかけ活躍した絵師で、京都の作画工房の絵屋「俵屋」の主宰者。大和絵の伝統に根ざしながらも、既成流派の形式にとらわれない斬新な造形、大胆な構図と鮮麗な色彩を特徴とする。宗達が創始したこの装飾画の流れは、尾形光琳により「琳派」として展開していった。代表作は『国宝 風神雷神図屏風』『国宝 蓮池水禽図』『国宝 関屋澪標図』。

縮小巻物 鶴図下絵和歌巻

SKU: 2401001020291
¥4,620価格

    Copyright © Benrido, Inc.  All Rights Reserved.