◆縮小屏風〈国宝 風神雷神図屏風〉俵屋宗達筆(小)◆
俵屋宗達 江戸時代 建仁寺蔵

日本美術史上最も有名な作品ともいえる「風神雷神図屏風」。
金箔の上に風袋を持つ風神と天鼓を背に廻らした雷神が、躍動的な筆致と色彩で描かれています。
インテリアに飾るもよし、海外への贈り物にも最適です。
海外では壁面にパネル状に飾られる方も多いとか。
縮小版ながら華やかな一品です。
 

サイズ 各20.0×22.5cm
仕様 2曲1双 屏風仕立 和英解説書入 化粧箱納
印刷方法 オフセットカラー


俵屋宗達(たわらや そうたつ)
生没年不詳。桃山から江戸初期にかけ活躍した絵師で、京都の作画工房の絵屋「俵屋」の主宰者。大和絵の伝統に根ざしながらも、既成流派の形式にとらわれない斬新な造形、大胆な構図と鮮麗な色彩を特徴とする。宗達が創始したこの装飾画の流れは、尾形光琳により「琳派」として展開していった。代表作は『国宝 風神雷神図屏風』『国宝 蓮池水禽図』『国宝 関屋澪標図』。

縮小屏風 風神雷神図屏風(小型)

SKU: 2405002020069
¥4,400価格

    Copyright © Benrido, Inc.  All Rights Reserved.